お店で注目される「手書きPOP」を学ぶには

スーパーやドラッグストアなどで手書きPOPを見かける事があります。

存在に気付いてもらう、興味を持ってもらう、手にとってもらうなどの役割を果たしています。

購入する側にとっても、お店がわざわざ手書きでアピールしていると思えば、「これはお買い得商品なのか」「購入しておいた方が良いのではないか」といった気分になります。

手書きPOPは自己流でも書けますが、やはり心に響く書き方というものがあります。

いかに消費者の心を掴むか、それを学ぶための手書き販促教材やセミナー等があります。

顧客単価をアップさせる方法や高くても選ばれるお店になるためのコツ、手書きチラシを学ぶ教材などがオンラインやDVD教材で用意されています。

手書きPOPは一度学べばお店だけではなく、様々な場面で活用する事も出来ます。

Comments are closed.

Copyright © 2017