物流倉庫はアウトソーシングでクリア

季節商品をたくさん扱っていると、どうしても工場内には置ききれなくなる場合があります。

いずれは出荷するものの、時期が来るではしっかりと管理していく必要があります。

その方法としては、倉庫の建設をするという方法もありますが、1年のうち、半年間は使用しないとなると、適切な投資とはいえません。

そこで、物流倉庫を外部にかり、アウトソーシングで賄うという案が浮上してきます。

このとき考えたいことは、その倉庫から次に出荷作業が発生するということです。

自社の作業者が倉庫まで行って出荷手配をするのか、別の運送業者に頼むのか、あるいは、自社工場に一度持って帰って、他製品とともに出荷するのか、を考える必要があるのです。

すぐに結論が出せないような場合、ナカノ商会に相談してみるという方法があります。

このような状況の時、トータル的にどういった方法がとれるのか、適切なアドバイスをしてくれます。

各地に物流倉庫も持ち、そこからの出荷作業も行えることで、さまざまなパターンに対応してくれます。

まずは、ホームページにアクセスして、その概要をつかみ、相談してみることです。

Comments are closed.

Copyright © 2017